会社では、他人の服装と体型・容姿の評価は口に出さない。

会社では、メンバーの服装や体型・容姿について、口にする事はやめましょう。

セクシャルハラスメントになるかもしれません。冗談でもダメです。男でも女でも関係ありません。会社は仕事をするところです。

容姿の評価は、蓼食う虫も好き好きと「肝」に命じて口にだしません。

職位が上れば尚更です。それが、いまの感受性の基準です。それをわきまえないと、悲しい末路になるのは必至です。

 

①会社の外で関係ない人でもセクハラしたら、アウト

OL 女性 日本人 女 20代 キャリアウーマン 働く 仕事 オーエル オフィス オフィスレディ 会社 勤務 ユニフォーム 制服 服 洋服 窓 スーツ セットアップ ベージュ クリーム色 頭痛 頭を抱える 疲労 悩む 考える ファイル 書類 作業 業務 ノートパソコン パソコン ショック 30代 40代 mdjf008

有名な話で恐縮ですが、ある食品会社の役員と社長が、空港のラウンジで、キャビンアテンダントに、「彼氏はいるの?」とか、「彼氏と会う時は、制服で会ったりするの?」とか尋ねたそうです。

それを航空会社がその食品会社に報告したことで、その役員と社長は、会社を辞任しました。

海外出張前でお酒が入ってたせいもあって、気が緩んだのでしょうか。一発レッドカードで退場です。

なんとも格好のつかない辞め方です。その会社はセクハラを容認しないことから、そういう形になりました。上場企業であれば、セクハラは容認しません。

それは、他人事ではありません。そういう話をしたい人は、セクハラを商売にしているお店に行かないといけません。だから、高いお金を払うのです。

 

②「髪切った? 」「綺麗な色のスカートだね。今日どこか行くの?」

髪の毛を切ったら、その人に声をかける人いませんか? それも言われる人によって、受け止める人によってはセクハラになります。

絶対的基準がないので難しいのですが、服装もネタにコミュニケーションしてはいけないのです。

純粋な気持ちで「綺麗な色のスカートだね。」と言っても、相手が「性的な嫌がらせ」と受け取れば、セクハラとなります。

さらに「今日はデートかな?」といえば完全にアウト、余計なお世話です。

 

③体型(デブ・チビ・グラマー・ヤセ)とか容姿(ハゲ・ブス)などの発言は、ハラスメント(嫌がらせ)になる

男性は男性を批判したり、女性が女性を批判するのはセクハラにならないのですが、体型や容姿を批判するともっと基本の「嫌がらせ」となります。

事実でも会社で言う必要はありません

「部下とコミュニケーションがとれないよ」と言う方は、考え方を改めるいいチャンスです。

ダイバーシティーを認める入り口になります。体型や容姿の評価を口に出す事は、肌の色を批判するのと近くなります。

 

Office は「Official」な場です。お金を稼ぐところです。稼ぐことに関係のない話はしてはいけないのです。